ハイスペ高年収!遊び人のGoogle社員の彼との出会いは六本木のクラブだった

高年収でハイスペック、会社の知名度バツグン!

でもでも、もしそんな彼が遊び人だったら付き合うかどうか迷ってしまいますよね。

年収が高くて働いている会社の知名度が高い男性は合コンなどに行ってもネームバリューもありモテるんですよね。

今回はそんな中でも超有名、Google社員の男性との体験談をご紹介したいと思います。

目次

六本木のクラブで出会った大手広告代理店の彼

年齢:29歳
仕事:Google
年収:1,300万円
身長:176cm程
見た目の印象:独特な雰囲気の遊び人

出会いは六本木のクラブでした。

その頃はまだGoogleは六本木ヒルズにオフィスがありました。

金曜日、23時に友達と待ち合わせてクラブへ。

当時20代前半だった私は、クラブに行くとたくさん声をかけてもらえていました。

中には下心丸見えの男性も多く危険だったので、友達と行動することが多かったです。

そんな中、外国人男性に声をかけられました。

私はあまり英語が得意ではないのですが、その外国人はイギリスから出張で日本に来ているとのことだったので頑張って会話していました。

すると、いきなり日本人の男性が割り込んできて流暢な英語で外国人男性と会話を始めたのです。

私は助かった…と思い、そっとその場から離れました。

少し時間が経った頃、先程助けてくれた(?)日本人男性が目の前に!一応お礼を言おうと思い、声をかけました。

するとその男性は「英語、大変そうだったから会話に割り込んじゃった。ごめんね。」と。

ナンパするでもなくすごくスマートだったので、とても好印象でした。

お酒を奢ってくれたので、少しお話しすることに。

職業を聞かれたので答えると、彼は自慢げに「俺超大手広告代理店で働いてるんだ」と。

電○だなと思いました。

その日彼は一人でクラブに来ていたのですが、私は友達もいたのでLINEを交換してさよならをしました。

連絡は1週間後

LINEを交換したので、翌日には連絡が来るかなぁと思っていたのですが、全く来ませんでした。

広告代理店勤めと言っていたので、遊んでるだろうし女はいくらでもいるんだろうな、と思い彼のことは気にせず過ごしていました。

そんな中、1週間後彼から連絡が。

「俺のこと覚えてる?」と。

完全に遊ばれてるな…と思ったのですが、「先週クラブで会った電○のお兄さんだよね」と返事しました。

すると返信には「そんなこと言ったっけ?俺はGoogle社員です。」と書かれていました。

少し混乱しましたし、Googleも嘘かもと思いその時は流しました。

何通かやり取りした後、食事に誘われました。

久しぶりの再会

当日は、クラブで会った日から2〜3週間後でした。

職業の件もあったので、この人の言ってることは本当なのかな?と序盤はずっと疑っていました笑

Googleのことを色々質問していると、どんな仕事をしているのか、入社面接の話、オフィスの話など詳しく説明してくれました。

そこでやっと、本当にGoogle勤めかもしれない、と思いました。

私がGoogleの話を聞きすぎたせいか、彼に「今度オフィスに遊びに来てみる?友達と一緒でもいいし。」と言われました。

Googleのオフィスは近代的と有名だったので、行く!と返事をしました。

社交辞令かな?と思いましたが、本気で行きたい気持ちが生まれました笑

家に着くと連絡が入っていました。

「来月都合の良い日を教えてくれたら、オフィスで待ってるよ。ランチしよう。」という内容でした。

会いている日を送ると「もし友達がいた方がいいのであれば、誘っても大丈夫だよ。」と。

なんだか紳士的だな〜と思いました。

お言葉に甘えて、友達を1人誘うことにしました。

Googleオフィスへ訪問!

その頃Googleは六本木ヒルズに入ってました。

約束の当日、彼はロビーに迎えに来てくれました。

それまで何回かご飯に誘われたりしたのですが、都合が合わず2週間ぶりに彼に会いました。

友達にも気遣ってくれ、Googleの話をたくさんしてくれました。

お菓子コーナーや仮眠スペース、自販機はボタンを押せばお金を入れなくてもなんでも出てくるよ、と得意気に色々なものを紹介してくれました。

食堂は3種類あり、どれも無料で食べられるとのこと。

ビッフェスタイルの食堂をチョイス。

あれが無料で食べられるなんて、本当に外資系企業は羨ましいなぁと思いました。

食事後はカフェスペースに案内してもらい、コーヒーを淹れてくれました。

その後彼は仕事に戻り、私は友達とカフェでまったりしてその日は帰りました。

その後…遊ばれそうな予感?

それから何度か連絡があったのですが、突然当日誘われたり、家に来ないか聞かれたので、これは遊ばれるな…と思い返事をしなくなり、そのままフェードアウトしました。

Googleに勤めてるなんて言ったら、女の子には困らないので遊んでないわけないですよね。

それもクラブで出会った方でしたし。

付き合うとか、男女の関係には発展しませんでしたが、オフィスに行けたことなどはとても良い経験だったと思います。

そして深入りしなかった当時の私の判断もなかなか良かったと思います。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる