歯医者経営のハイスペ男性からアプローチ!地味な人だと思ったら・・|ペアーズ体験談

ペアーズは会員数の多さでトップ!その中でもお金持ちの高年収な男性となるとも人気。

そんなペアーズでもハイスペックな歯医者を経営しているハイスペ男性からアプローチされたというKさんの体験談をご紹介します!

目次

お金持ちオーラはなかった彼

ペアーズで彼と出会ったのは3年ほど前、当時私は24歳の時のことでした。

以前に付き合っていたパートナーと別れ、落ち込んでいたのもありペアーズを始めました。

仕事でも新しいマネージャーの就任で社員とマネージャーとの関係もうまくいっておらず、なかなか充実した毎日とは言えない日々を送っており、刺激を求めていた時期でした。

ペアーズにはたくさんの異性が登録しており、素性も知らない異性といきなり連絡を取るということに少し慣れなかったので、見た目ではなく中身を重視して異性を探していました。

プロフィールを読んで、自分に合いそうな男性のみをいいねしていたときにランダムに引っ掛かったのが彼との出会いでした。

プロフィールを読む限り、お金持ちというオーラは出ておらず、見た目も正直惹かれるような容姿ではありませんでした。

連絡を取るようになってもお互いにいつ会うのかなど、そのような連絡も一切なくただ毎日のお互いの出来事について淡々と話す日々でした。

毎日連絡と取り合うというよりも、お互いに時間がある時に連絡をする程度でトキメキなどは一切ないメッセージのやりとりでした。

2ヶ月後に突然会うことに!居心地のよさを感じる

そんなつまらない連絡のやりとりが2ヶ月ほど続いたある日、たまたま私のインスタグラムを見た彼から連絡があり、
「近くにいるから会わないか。」と言われました。

女友達と二人で、相手も男友達と二人だった事もあり近くのフレンチレストランで会うことにしました。

実際にあった彼の印象としては写真と全く同じ、強いて言うなら身長が小さかったと言うことでした。

直接会話をしても連絡を取り合っていた時と同じ様な感じでそっけなく、自分から会話を盛り上げる様なタイプではありませんでした。

ガツガツしたタイプを好まない私としては気楽に接することができるタイプで居心地も良く、別れ際では次に会う時には二人で会う約束をしました。

その日から毎週の様に次はいつ会えるのかの催促の連絡ばかりがくる様になり、嫌気が刺した私はしばらく連絡を無視していたのですが、、

最終的に彼のその執念の強さに負けてしまい、会うことにしました。

まさかのベントレーで登場!実は歯医者経営のお金持ちだった

家の前まで迎えに来てくれた彼は4千万円ほどする黒のベントレーで迎えに来てくれました。

見た目からは一切お金持ちのオーラが出ていなかったため、彼がお金持ちだったことに驚きながらも二人でランチに行きました。

彼は歯医者を経営しており、親に内緒で現金一括で車を買い怒られたこと、2歳年上のお兄さんと仲が悪いことなど彼の生い立ちなどを話してくれました。

彼の過去を聞けば聞くほどあまり良い人生を歩んでこなかったことを知り、なぜか私がそばにいてあげなくてはならない。という衝動に駆られました。

私の親は自営業でお金には一切困らない生活を送って来ました。

家族円満で3歳下の弟とも仲が良く、何事にも苦労をして来なかった私は彼に対し少し同情をしていたのかもしれません。

インスタで彼の衝撃の動画を発見、、

3ヶ月ほど毎週会って色々なところに連れていってもらい、二人でたくさんの思いでを作りました。

何度も彼からはアプローチを受けましたが、彼氏にするべき人間ではないと直感で思っていたため、軽く受け流していました。

ある日、彼のインスタグラムで他の女性とクラブでキスをしている動画を見ました。

もしかすると彼にはたくさんの女性がいて、私はそのうちの一人なのかもしれないと思い、とても居た堪れない気持ちになったのを覚えています。

私は彼とお付き合いをしたいのではなく、ただ単に彼を笑顔にしてあげたかっただけで誰か他の女性が彼を笑顔にしてあげることができるのであれば私の存在は彼にとって何なのか。

私は彼から離れるべきなのか、と疑問を繰り返し、最終的に自然消滅という形で幕を閉じました。

マッチングアプリは相思相愛になれたらラッキー程度に

マッチングアプリで異性を探すことが一丸に悪いということではありませんが、全く違う世界で育ち、画面上の異性と会うことのリスクを考えるべきだと思います。

お互いに同じ気持ちで相思相愛になれればラッキー!程度です。

軽い気持ちで会うのは相手の気持ちを傷つけてしまうだけではなく、自分にもその負担がのしかかってくるかもしれません。

責任のある行動を心がけてくださいね。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる